自分の評価や価値を自分で下げてませんか?ポジかネガならポジでいこう!!

自分の評価や価値を自分で下げてませんか?ポジかネガならポジでいこう!!

人生の一回目のターニングポイント(プロフィール参照)を過ぎてからネガティブにならなくなったさとばやし(@satobayashiblog)です!

今なんてポジティブすぎて友達からも悩みがなさそうとかよく言われます。笑

今日はそんなポジティブ、ネガティブ系に関する気持ちの面でのブログを書いていきます。

未来は誰にもわからない

みなさん将来に不安ってありますか??
私はかなりの不安があります。

不安って何かが気がかりで、落ち着かない(安らぎが得られない)心の状態をことを言いますがこれは誰しもが持ってると思います。

ただ大多数の人はこの「不安」とゆう言葉をマイナスイメージで捉えていると思いますが私の場合は逆です!

不安があるからこそ人は成長できる。

不安を持ってることは常にストレスがかかる状態だと思いますがそれから逃げていると全く何の解決にもなりません。
そのストレスのかかった状態を保って不安を抱えることで人は前進できるんです。

不安のない状態や不安から逃げている状態が一番危険で衰退の始まりです。

上手く不安と付き合っていくことがこれからの時代必須だと思います。

他人と比較するか自分と比較するか

一概には言えないですがネガティブだな〜と思う人の特徴は自分を他人と比較してしまう人だと思います。
隣の芝生は青い理論ですよね。

その人の良いところと自分の悪いところを比較しまうとそりゃその人の方が勝ってるに決まってます。
だってその人の良いところですからね。笑

事あるごとに他人と比較すれば自分がどんどんダメな人間だと勝手に決めつけて自ら自分の評価を下げちゃう、自分はできない人間だって劣等感を覚える、そんなネガティブルーティンに入ります。

ただ誰しも良いところと悪いところを持ち合わせてるのが人間です。
その人にだって悪い部分はあるんです。できない事だってあるんです。
他人と自分との比較で悩んでる人は、はっきり言ってただの時間の無駄。

とっととやめましょう!

そして比較するなら理想の自分と今の自分を比較しましょう!
これは「嫌われる勇気」とゆう本から学んだ事ですが私がしっくりきた言葉があります。

健全な劣等感を持て!

健全な劣等感とは、理想の(なりたい)自分と今の(できていない)自分を比較して生まれる感情の事です。

他人との比較からは何も生まれません。
なりたい自分になるにはどうすればいいか、今の自分には何が足りていないか?どうすればいいのか??と理想の自分とのギャップから生まれる劣等感が健全な感情なのです。

この健全な劣等感を持つ事で人は正しい方向(自分がなりたい自分)に成長できます。

あなたは持ってますか?健全な劣等感を!
他人とばかり比較していませんか?

言葉の力は絶大だ

言霊(ことだま)とゆう言葉知ってますか??

言霊(ことだま)とは声に出した言葉が、現実の事象に対して何らかの影響を与えると信じられ、良い言葉を発すると良いことが起こり、不吉な言葉を発すると凶事が起こるとされた。そのため、祝詞を奏上する時には絶対に誤読がないように注意された。今日にも残る結婚式などでの忌み言葉も言霊の思想に基づくものである。

参照Wikipedia

まぁこれは霊的なことを言ってますが私はもっと現実的にこの言霊を信じています。
とゆうか言霊を上手く活用してます。

例えば、月に100万円稼ぐことを目標にします。
Aくんはこれを周りの人間(知人やSNSなど)に堂々と宣言します。

[voice icon=”https://satote.com/wp-content/uploads/2017/07/in306438929707123212334.png” name=”Aくん” type=”l”]俺は2017年中に月100万円稼ぐからお前たち見てろよ〜!![/voice]

Bさんは逆に誰にも言わずに月100万円を目標にします。

[voice icon=”https://satote.com/wp-content/uploads/2017/07/in306438929707123212335.png” name=”Bさん” type=”r”]宣言するとか恥ずかしいしやめておこう。[/voice]

Aくんは宣言したので本当に月100万円稼がないとシンプルにダサいですよね?
反対にBさんは目標を達成できなくても誰にも知られていないからダサいと思われる心配はないです。

Aくんは宣言しているので気になった知人はAくんに「月100万円いけそうなの?」「応援してるよ」「月100万なんて絶対無理諦めな〜」と応援も批判も来ます。
反対にBさんは誰にも何も言われることはありません。

ここでは2つの例を出しましたが勘の良い方は気づいたと思います。

Aくんは宣言することで自分を鼓舞することができる(ダサいと言われたくないために必死に頑張る)のと、知人から応援や批判をされることで常に頭の中には目標のことがぐるぐる回っている状態にできます。
そして、手伝ってくれる人や助けてくれる人が出てきます。

反対にBさんの場合は誰にも宣言していないので誰からも批判されることもないしダサいと思われる心配もない。
ただ、当然手伝ってくれる人もいなければ応援されることもなく、会話にもこの話題が上がらないので1人の時間でしか動けない(考えれない)

私は完全にAくんタイプ。

宣言することで自分を鼓舞し周りからも気にかけてもらえて応援してくれたり手伝ってくれたりする方が目標達成した時に喜びも倍になります。
ただその分リスクとゆうほどでもないですが批判されたり面白がってバカにしたりする人が出てきます。
これに関しては「あ、こいつ友達じゃねぇな」で終わり。笑

しかも私はそんなにできる人間じゃないから周りを巻き込んでいかないと目標なんて達成できないんですよね。笑

このことを私なりに言霊(ことだま)とよんでいます。

まとめ

  • 不安があるからこそ人は成長できる。
  • 他人と自分との比較で悩んでる人は、時間の無駄だからやめるべきで、理想の自分とのギャップから生まれる「健全な劣等感」を持つ。
  • なんでも「自分はできるんだ!」と声に出す。できた時にはそれが次への自信に繋がるしできなくてもそのことを知ってる誰かが助けてくれる。
  • ネガティブを逆手にとってポジティブにもっと自分らしく自分の人生を生きて、そして死にましょう。

    これからの考え方の参考になれば嬉しいです。

    では!!

    価値観・考え方カテゴリの最新記事