「半径5メートルの野望」を読んでみた。悩みや迷いを持ってる若者に読んで欲しい1冊!

「半径5メートルの野望」を読んでみた。悩みや迷いを持ってる若者に読んで欲しい1冊!

どうも!さとばやし(@satobayashiblog)です!

はあちゅうさん著の「半径5メートルの野望」を読みました!

前から気にはなっていたんですがブロガーになったことだしブロガーの先駆者はあちゅうさんの本を読もう!とのことで。

読んでみて思ったのは、

[voice icon=”https://satote.com/wp-content/uploads/2017/07/in306438929707121212324.png” name=”さとばやし” type=”l”]あれ?俺と考え方似てんじゃね?[/voice]

なんか読んでいて親近感の湧く文章だなと素直に感じました!

一つ思ったのは、はあちゅうさんの距離感って”有名人“じゃなくて”ちょっと知ってる先輩“くらいの距離感だな〜って思います。

言葉遣いもうそうですけど想像よりも意外と弱い女性なんだなとゆう印象でした!

だからこそ、めちゃくちゃ読みやすくて色んな刺激をもらえました!

価値観や考え方が共感の嵐!

生き方や人間関係に苦しみながら生きてきたからこその知識や考え方が的を得すぎています。

いくつか抜粋してご紹介します。

不安に思うことは、実はまだ起きていないうちが一番怖いのです。

こんなこともあんなことも起きるかもしれないと、悪い空想がとめどなく広がっていると、絶望の中に放り込まれた気分になります。

でも、恐れていた事態がいざ起きると、人は案外平気だったりします。

例えば、バレたくない事がバレた時って意外とスッキリした経験ないですか?笑
なんか吹っ切れるとゆうか。

それって不安が取り除かれたからなんですよね。
「バレたらどうしよう」って常に思ってるって意外とストレスだけどバレたらバレたでもういいや!的な。

自分から暴露しちゃうってのも一つの手段ですよ!

成功する人は、「人生は思い通りになる」と信じています。

そして、人生を諦めている人は「人生が思い通りになるはずがない」と思っています。

どちらの考え方でも、その人が思っている通りになるのだと私は思います。

これはまさにその通りですよね!

「人生思い通りになる!!」って思ってると本当になる。

「人生なんて思い通りにいくわけないじゃん!」って思ってる人は本当に思い通りにならない人生を歩んでるんです。

意味わかりますか?笑

[aside type=”boader”]

  • 思い通りになる!→思い通りになると思っているから行動も思い通りになっている。
  • 思い通りにならない!→思い通りにならないと思っているから思い通りになっていない→でも思い通りにならないってゆうのが思い通りになっている。

[/aside]

はい、ややこしいですね。笑

結果、どっちも自分が思った通りになっているんです!

群れたがる人を私は信用しません。本人に中身がないから、つるんでいる人のネームバリューがほしいんだな、と考えてしまいます。

虎の威を借る狐です。

大物の威厳をあたかも自分のものに見せているただの小物なんです。

他人の力ありきなんて自分に価値がない事を言い散らかしてるようなものですよ。

当事者意識を持てるかどうか重要

当事者意識を持った瞬間に、過ごす時間が濃くなります。

得する人生の送りかたは、絶対に濃い時間を過ごしたほうです。

飲み会に行くにしても、せっかくなら幹事をやったほうがいい。
そうすれば、お店にも詳しくなれるし、みんなに感謝されるし、人脈のハブにもなれます。

たかが運動会、たかが飲み会を、どれだけ「自分事」にするかが、人生が楽しくなるかどうかの分かれ道なのではないでしょうか。

頑張る自分を楽しむことは、意外に悪くない経験かもしれません。

私の経験上も楽しい飲み会そうでない飲み会を比べた時に、全員が当事者意識を持って参加しているか否か。でした。

人任せって楽ですよね!
でもその分準備やら段取りやらグダグダしちゃって結局楽しくない場合が多いんですよ。

[voice icon=”https://satote.com/wp-content/uploads/2017/07/in306438929707121212324.png” name=”さとばやし” type=”l”]ネット上では勝手に自分の事と思って被害妄想してクソリプする人がいますけど、それはダメな当事者意識ですね。

そうゆう人ってだいたい論点がずれてたりする。(本人は気付いていない)[/voice]

“小物感”とゆう言葉が印象的でした

「あいつなんてもう終わってるよ」と言ってくるような人は、その人自身、何一つとして始まってもいないような人です。

彼らは誰のどんな生活を見ても、自分の勝手な思い込みで物事を曲げて見て、ひがんでばかりいるのです。

行動しない人ほど、理由と順番にこだわります。

こうゆう人たちって本当にオーラが小物なんですよね。笑

はあちゅうさんがこの本の中でよく使っているのと、めちゃくちゃしっくりきたので印象に残っています。

漂う小物感

悪口や愚痴、妬みを言いがちな人は自分を客観的に見てみてください。

あなたの周りに漂ってませんか?

小物感

人生に悩みはつきもの完成は永遠にこない

「夢を叶えることが幸せ」なのではなく、「夢を叶え続けること」が幸せな人生なのだと思います。

夢って叶えると次の夢ができるんですよね。

そしてまた次の夢ができていく。
その繰り返しをする事で人は幸せだと感じるんです。

幸せって状態は常に変化します。

好きなものやしたい事が変わるたびに幸せの定義も変わっていきます。

だから「夢を叶え続けること」で人は幸せな人生を歩めるのです。

この本を悩んでいる迷っている若者に勧めたい

私自身はあまり迷いや悩みがないので”共感“とゆう感覚と自分のやっている事に”自信“を持つ事ができたのですが、少し前にこの本と出会っているとめちゃくちゃ衝撃を受けるんじゃないかと思いました。

自分の生き方に対する考え方や、価値観、迷いや悩みなど”自分”とゆうものに対してなんらかの”不安”がある若者にはめちゃくちゃ刺さる内容なんじゃないかと思います。

もちろん若くなくてもいいですけど。笑

気になった方はぜひ読んでみてください!

648円で買えます!

はあちゅうさんの作品、別のも読んでみたいと思います!

では!!

ビジネス・自己啓発カテゴリの最新記事